利用時間・利用回数

介護保険の場合

訪問看護の利用回数に制限はありません。

一回の利用時間については、①20分未満②30分未満③30分以上60分未満④60分以上90分未満までの4区分の中から、必要に応じて選択する事ができます。一般的に訪問看護が必要な方は、それ以上の様々な介護保険サービスも同時に必要とする方が多く、複数のサービスを利用しながら支給限度額の範囲内で月間費用を収めようとすると、訪問看護の利用は週に1〜2回に抑えられてしまう事が多いのが実情です。

医療保険の場合

医療保険の利用条件を満たした方は、週に1〜3回まで訪問看護を利用する事ができます。

1回の利用時間は、30分〜90分の範囲となります。医療保険には支給限度額はありませんので、医師に必要性を認められれば、利用回数・利用時間数の上限いっぱいまで訪問看護を利用する事ができます。

<医療保険の特例>

特別に重い病気・症状の方で、厚生労働大臣が定める疾病等の患者は週4回以上の訪問利用が可能です。

厚生労働大臣が定める長時間の訪問を要する者は、週1回に限って1回90分を越える長時間の利用も可能です。病状の悪化により医師から特別訪問看護指示書が交付された場合は、月に1回最長14日連続の利用も可能です。
特別訪問看護指示書が交付された方のうち、気管カニューレを使用している人、真皮を超える褥瘡(じょくそう:床ずれ)のある人は、月に2回まで(つまり28日連続で)訪問看護を利用出来ます。

医療保険のサービス料金の自己負担

医療保険には月間の支給限度額はありません。

  • 70歳以上の方は(後期高齢者医療制度)、原則としてかかった医療費の1割を自己負担します。

    ※現役並みの所得がある高所得者の場合は、かかった医療費の3割となります。
  • 医療保険の自己負担は、かかった医療費の1〜3割です。(年齢や所得により違う)

  • 70歳未満の方は、原則としてかかった医療費の3割を自己負担します。

    ※義務教育就学前の児童の場合は、かかった費用の2割となります。
    保険制度で定められた利用回数や利用時間を超えて訪問看護を利用した分については、全額が自己負担となります。